9/15の覚書

1部のみ参加。
一身上の都合により、しばらく2部以降は残りにくい情勢。むぐぐ。

しかし若手卓は逃せない。というわけで、新人K君のクトゥルフ神話TRPGに参加。

舞台はとある海岸沿いの街。
酒飲み仲間のPCたちが、珍しい酒が入ったと行きつけ酒場の店主に呼ばれる。しかし、到着した彼らが目にしたのは、荒らされた店と、椅子に縛り付けられて拷問を受け、意識不明に陥った店主だった。

裏口に何者かが逃げる物音がしたので、PCの一部が追いかけたものの、成果は皆無。店主を介抱しようとした側では、近づくと彼が全く聞き覚えのない言葉を呟くのを耳にする。そのとたん、酒に溺れつつある大学教授(PC)のポケットに目薬入れサイズの陶器が現れる。
中には液体が入っているが取り出し口はなく、不思議な力で守られているので壊すこともできない。さらに捨てても戻ってくるとか、他人に渡そうという意志を持って取り出そうとすると消える、など挙動がかなり謎。

調べるうちに、どうやらこの事件には、この神秘の瓶の中に封じられた蜂蜜酒が関わっているらしいと判明するが……という導入でした。


2回目のGM(キーパー)だとのことで、不慣れ故のハンドリングの不備もちらほら。
目立ったのは「状況を描写する前に、正気度チェックなどのダイスロールを要求してPLが戸惑う」こと。また、「PCが認知可能な情報でもつい隠してしまう(最初の店から逃げた人影も、人混みの中のひったくりも、PCの感覚のどこかしらには引っかかっているはずだが姿形が一切教えてもらえない)」も少し気になりました。

とはいえ、セッションで展開した話の筋は通っていたし、PCの予想外の行動(うちのPCが鍵開けして怪しげな教団本部に入ろうとしたところ、他PCから警察への通報が飛んで、分断行動になったりとかw)にも応対してシーンが作れていたので、概ね問題はないかと。細かいテクニックは後からでも身につきます故。

感想戦では、恒例のGMをしていてどこが楽しいのかという質問を投げました。
義務感やまわりからの要望だけでGMして、当人はどんどん消耗、って事態はたまにあるので、シナリオ作成から実際のハンドリングまで含めた、GMやってた楽しかった部分を見つけて欲しい、という意識からです。
今回は抑えたのであまり……という感じでした。が、詳しく聞くと、1回目の時は同じく『クトゥルフ神話TRPG』で、ゴリラをPCにしたはっちゃけねたでととても楽しかったとのこと。ところがハンドリングしきれなかったため、反動で今回は抑制したらしいです。

というわけで、技術はいくらでも後から付いてくるので、1〜2年は破天荒に無茶をやって、自分もみんなも楽しめるスタイルを築いてくださいね、と助言。

覚書 コメント

9/8の覚書

1部:自分がストーリーテラーで、Vampire: the Masquerade第5版クイックスタートをプレイ。

オフィシャルのクイックスタートなのでネタバレは控えます。本編3時間程度。比較的コンパクトに、現代の夜を生きる吸血鬼が体験できる、悪くない導入シナリオだと思いました。
ルールは付属している分だけ読んでいけば事足ります。氏族の弱点なども使わないため、ぶっちゃけ、コアルールブックなしで問題ありません。

このシナリオは:

  • 導入:吸血鬼のものと思われる連続殺人を追うPCたち。
  • 前半:調査ものっぽい作り。ただし調査が中核ではないのでほどほどに。
  • 中盤:急展開発生。そこから終盤まではロールプレイと意思決定が重要。
  • 後半:ちょっとしたギミックあり。人によっては興が削がれるかも。
  • 結末:セッション中の行動を通してそれぞれに人間性を維持できたか確認。

という構造です。

基本的に、行動とロールプレイを通してPCの人間性を問う内容なので、実運用時はそこに重きを置いた演出やアプローチを行うと、最後がスムーズに進むかと思われます。

覚書 コメント