このサイトについて

海外インディ系TRPG中心の見聞を乱雑に積む場所です

 目移録:主に舶来TRPG関連の新着情報。
 覚書:
自分が遊んだセッションの記録。
 雑物:
書き散らかしやTRPG以外の話題。
 拙訳:
ライセンスに問題ないか許可を得たテキトー訳。

 連絡先@feltk

Things from the FloodのKickstarter開始

Things from the Flood - Sequel to Tales from the Loop RPG

Simon Stålenhag氏のイラスト集をベースに、もうひとつの80年代と、粒子加速器(Loop)が設置された村の子供たちの冒険を描いたRPG、Tales from the Loop
その続編にして、90年代の暗さと成長した子供たちを描くシステム、Things from the FloodのKickstarterが始まりました。初っ端から飛ばしており、4時間程度で既に目標額の9倍を達成。初期に準備されたストレッチゴールは全て達成されそうな勢いです。

今回も原作となる画集と物語があります。前回同様イラストはそちらからの引用が多いみたいで、見応え十分でしょう。さらに、書き下ろしの表紙(Kickstarterページの一番上の画像)も素晴らしい出来映え!

大いに刺激を受けたので、プロジェクトの説明部分をテキトー訳してみました:

プロジェクト概要

始まりは1994年のクリスマスの日。黒い水が、突如として土壌よりあふれ出し、僕らの家と暮らしを呑み込んだ。ループ内の深部が発生源だったらしい。その水が何であれ、全てを変えてしまったのはこの洪水だ。元通りになることはなかった。

おかえり、ようこそループへ。今や状況は異なります。

2017年に、私たちはStålenhagの最初のアートブックを元に、テーブルトップ・ロールプレイング・ゲームのTales from the Loopをリリースしました。このゲームはすぐさまヒットし、最初の二刷りは売り切れ、その年のENnies賞でなんと5部門(Best GameProduct of the Yearを含む)、Golden Geek賞で3部門(Best RPGを含む)に輝きました。

さあ、ループに戻り物語を続ける時がやってきました。Things from the Floodにおいて、みなさんは1990年代のティーンエイジャーをプレイします。10年の変化と災害を経た時代です。みなさんは今でも、日々の生活と、友達と一緒にわくわくするような謎を解決することとの、危うい均衡を保っています。けれども、時代は陰鬱さを帯び、危険は増大しているのです。

私たちFree Leagueは、Mutant: Year ZeroCoriolis - The Third Horizon、Tales from the Loop、Forbidden Landsといったロールプレイング・ゲームの製作と出版を行いました。Simon Stålenhagのアートブックの元々の出版社でもあります。スウェーデンの熟練ゲームライターNils Hintzeがこの本のリードライターであり、Free Leagueのチーム全体がそれを支え、プロジェクト管理、編集、グラフィックデザインを担当してます。

このゲームのアートの大半は、Simon Stålenhag本人の手になるものです。大部分のイラストは、アートブックThings from the Floodから持ってこられました。収録シナリオの多くは、アートブックのイラストをベースにしています。とはいえ、このRPGには、カバー画像を含めた、新規のオリジナルアートも含まれる予定です。

本はUSレターサイズで、約200ページになるでしょう。

Tales From the Loopの支援者? あなたが2016年の終わりに、元のTales from the Loop RPGを支援していたなら、Things from the FloodのコアブックPDF(このKickstarterのストレッチゴールのうちデジタルなものを含む)を追加の支払いなしで入手できます。このKickstarterに一口乗って、実本を手に入れることだってできます。

洪水後の世界

今や状況は変わりました。

世界はもはや、さほど無邪気には映りません。

時は90年代、かつて巨大だったLoopは閉鎖されてしまい、その実験は放棄され、その土地は有力企業Kraftaに買い取られました。みなさんはもはや子供ではなく、変化の10年をなんとか切り抜けようとしているティーンエージャーです。変化はみなさんの内側とまわりの両方に起きてます。

洪水はかつての牧歌的な島々を、黒い湿地帯へと変えてしまいました。土壌からあふれ出す黒い水は、ループ本体の内側が源だ、というものもいます。機械類は奇妙なウィルスに冒され、信用のおけない危険なものへと変貌しています。

それでも、以前同様に人生は続くのです。みなさんは学校に通い、哀れにも恋に落ち、退屈から逃れるために手を尽くそうとしています。他のティーンエイジャーが行方知れずになった、さらには死体が見つかったなどと耳にしたなら、みなさんはまたグループを集める時が来たと悟るのです。

いずれにせよ、この洪水に端を発する状況が本当はどのようなものなのかを解明することになるでしょう。

このゲームでは何をするの?

みなさんは1990年代に大人へと成長しゆくティーンエイジャーとなり、日々の生活の釣り合いを保ちつつ、友人たちと共に暗い謎を解決しようとします。

ゲームのコア部分はTales from the Loopと同じですが、テーマが異なります。子供らしい驚きと発見の物語は失われ、ティーンエイジャーとその世界に対する暗い脅威が取って代わります。全ては変化しつつあり、全ては崩壊の最中にあります。これに対処する方法を見つけ出すことが、このゲームの大きな部分を占めます。

みなさんはもう子供ではなく、世界はさらなる興奮と危険の両方に満ちています。ティーンエイジャーは怪我をするかもしれませんし、命を落とすことすら起こりえます。危険はかつてないほどに増大しているのです。

目移録 拙訳 コメント

Dragon World Hack 0.4​​

Dragon World Hack 0.4

Apocalypse Worldベースで、アニメ的なカラフルなファンタジーをプレイするという内容。
将来的には有料版を予定しているようですが、今回のはイラストや設定のないフリー版となります。といっても、記述のあるとおり、プレイに耐えうるだけのルールが備わっている模様。

デザインは、メイドRPG、ウィッチクエスト、ゆうやけこやけの英訳で知られるEwen Cluney氏です。

目移録 コメント

なだらかなる地平線

King Machine

Fate RPGベースで、独自のSF-RPGとして評価を得ていたDiaspora
そのデザイナー氏が長きに渡って開発中のままお蔵入りとしていた、Soft Horizonの第1弾がようやくリリースに至りそうです。

そもそも5年ぐらい、ゲームデザインそのものから手を引いていた感がありましたが、今年、一風変わったスペオペElysium FlareElysium Flareで復活。続いて、Soft Horizonも目を覚ます運びとなったようです。

既にデザイナー氏のPatreonサイトでは、King Machineのバージョン0.6が公開中。おそらく1〜2週間で支援者以外にもアクセス可能となるはずです。ひとつ前のバージョンを見ると、ルールはBlades in the Dark寄りで、D6、D8、D10、D12を使用。暴力のみに頼らない物語の展開を指向しているようです。

目移録 コメント

Xas Irkallaのデモ

Xas Irkalla Demo

荒廃しきった残虐な世界でのサバイバルを扱ったRPG、Xas Irkallaのフリーのデモ版が登場しました。

魔術が引き起こした地震で荒廃し、悪夢のごとき様相を呈する世界Irkalla。忌まわしき怪物の棲まう超現実的な迷宮や異質な種族の村を巡って、生きるのに必要なものを漁り、人食い部族は、霊能の才ある若者を奪いに来る軍と戦う。といった、この世の地獄であります。

さらにPCたちも特異です。
彼らはこの世界の住人ではなく、他宇宙の人間たちなのですが、自らの世界がバラバラに破壊される様を目にした後、次元の狭間の迷宮を彷徨い、気づいたらこの世界にいたという扱いです。目の前に広がるのは、灰を降らせる蜘蛛と、その下の灰色の砂漠のみ。いやー、ホントひどいです。

このデモシナリオでは、そうやって命無き荒野にやってきたPCたちが、襲撃され、追跡を受け、毒矢を放たれ、部族の狩人の一団に捕まったところから始まるそうです。

ルールは軽量でデッドリー。この野蛮な地獄での生き様が見られることでしょう。

目移録 コメント

9/15の覚書

1部のみ参加。
一身上の都合により、しばらく2部以降は残りにくい情勢。むぐぐ。

しかし若手卓は逃せない。というわけで、新人K君のクトゥルフ神話TRPGに参加。

舞台はとある海岸沿いの街。
酒飲み仲間のPCたちが、珍しい酒が入ったと行きつけ酒場の店主に呼ばれる。しかし、到着した彼らが目にしたのは、荒らされた店と、椅子に縛り付けられて拷問を受け、意識不明に陥った店主だった。

裏口に何者かが逃げる物音がしたので、PCの一部が追いかけたものの、成果は皆無。店主を介抱しようとした側では、近づくと彼が全く聞き覚えのない言葉を呟くのを耳にする。そのとたん、酒に溺れつつある大学教授(PC)のポケットに目薬入れサイズの陶器が現れる。
中には液体が入っているが取り出し口はなく、不思議な力で守られているので壊すこともできない。さらに捨てても戻ってくるとか、他人に渡そうという意志を持って取り出そうとすると消える、など挙動がかなり謎。

調べるうちに、どうやらこの事件には、この神秘の瓶の中に封じられた蜂蜜酒が関わっているらしいと判明するが……という導入でした。


2回目のGM(キーパー)だとのことで、不慣れ故のハンドリングの不備もちらほら。
目立ったのは「状況を描写する前に、正気度チェックなどのダイスロールを要求してPLが戸惑う」こと。また、「PCが認知可能な情報でもつい隠してしまう(最初の店から逃げた人影も、人混みの中のひったくりも、PCの感覚のどこかしらには引っかかっているはずだが姿形が一切教えてもらえない)」も少し気になりました。

とはいえ、セッションで展開した話の筋は通っていたし、PCの予想外の行動(うちのPCが鍵開けして怪しげな教団本部に入ろうとしたところ、他PCから警察への通報が飛んで、分断行動になったりとかw)にも応対してシーンが作れていたので、概ね問題はないかと。細かいテクニックは後からでも身につきます故。

感想戦では、恒例のGMをしていてどこが楽しいのかという質問を投げました。
義務感やまわりからの要望だけでGMして、当人はどんどん消耗、って事態はたまにあるので、シナリオ作成から実際のハンドリングまで含めた、GMやってた楽しかった部分を見つけて欲しい、という意識からです。
今回は抑えたのであまり……という感じでした。が、詳しく聞くと、1回目の時は同じく『クトゥルフ神話TRPG』で、ゴリラをPCにしたはっちゃけねたでととても楽しかったとのこと。ところがハンドリングしきれなかったため、反動で今回は抑制したらしいです。

というわけで、技術はいくらでも後から付いてくるので、1〜2年は破天荒に無茶をやって、自分もみんなも楽しめるスタイルを築いてくださいね、と助言。

覚書 コメント